ITEM目的別アイテムを探す

GPSトラッキングシステム: FieldWiz V2 -フィールドウィズ

▼FiledWizとは?

FieldWiz-フィールドウィズ-は、GPSなどの衛星情報を用いて、サッカーなど屋外チームスポーツの戦術・フィジカルデータを取得し現場で有効活用するためのシステムです。

ビブスの上背部ポケットに挿入されたわずか35gの受信器だけで、試合や練習後ただちに必要な情報を入手することができ、個々の選手の活動度やコンディショニング、トレーニング成果等をより客観的、正確に把握することが可能です。

スイスサッカー協会はじめ多くの組織やクラブで活用されています。FIFAの公式戦で使用するために必要なIMS認定を取得しています。

◆ GPS FieldWiz-フィールドウィズ-の特徴

• インストール不要のウェブ上アプリケーション(Windows・Mac)。※対応ブラウザはGoogleChromeのみ

• わかりやすいインターフェイスで使いやすい。

• WEB上からのレポート出力(PDF・EXCELなど)。

• ピッチサイズ、プレーヤー数、試合時間と本数、選手交代など柔軟に対応。

• チームデータの統合が可能なドッキングステーション。
御見積り依頼はこちらから!

使い方
◆FieldWiz ユーザーマニュアル
FieldWiz ユーザーマニュアル ダウンロード 

【準備】

Webソフト上でチームデータ登録、選手情報登録を行います。

http://analyze.fieldwiz.com

各選手情報とPodを対応させます。(V2デバイスのみ。Webソフト上でSync作業を行います。)


【計測】
FieldWizの電源をONにし、GPSを捕捉します。専用のビブスに装着し、通常通りトレーニングや試合を行います。
トレーニング、試合が終了後、電源をOFFにします。

【分析】
ドッキングステーションもしくはUSBケーブルを利用して、データをPCに移し、専用のウェブアプリケーションに送ります。
データをウェブアプリケーションにデータをアップロード後、グラウンドや必要なデータの時間帯などを設定しデータを解析します。
解析後はWeb上でExcelやPDFファイルをダウンロードできます。
仕様
• GPS : 18Hz, 72衛星 チャンネル受信

• 加速度計 : 3軸 250Hz, ±16G, 16-bit

• ジャイロスコープ : 3軸 250Hz

• 地軸計 : 3軸 250Hz

• サイズ : 65mm x 35mm x 15mm

• 重量 : 35 グラム

• 30台同時充電とデータ同期のためのドッキングステーション

• 統計処理及び域値のユーザーカスタマイズ
価格
【価格一覧】

10台セット: 税込 ¥1,155,000-(送料別)
20台セット: 税込 ¥1,650,000-(送料別)
30台セット: 税込 ¥2,145,000-(送料別)
心拍計測用コネクテッドシャツ: ¥41,800-/枚 (送料別)

※セット内容:FieldWiz V2POD×セット台数分、専用ビブス×POD台数分、データ転送用ドッキングステーション1台


御見積り依頼はこちらから!

マニュアル
操作ガイドV1 操作ガイドV1をダウンロード(PDF) FIFA公認 IMS認証 FIFA公認 IMS認証をダウンロード(PDF) 操作ガイドV2 操作ガイドV2をダウンロード(PDF)
トラブルシューティング
・保証に関して
保証期間は、お買い上げの日より1年間です。お客様の正常なご使用状態で万一故障した場合には、無料で修理対応をさせていただきます。ただし、一部の消耗部品の交換、ならびに落下、水没など、不適切なご使用による故障の場合は、保証期間内であっても有料となります。

・修理について
修理に関しましては、基本的にはセンドバック修理をお願いいたします。センドバック修理とは、ご購入いただいた製品に異常が発生した場合、製品を販売店もしくは、当社にお送りいただき、保守作業をおこなうサービスのことです。明らかに故障と判断できるものは、その旨を記載した資料(使用状態、故障の内容など記載された書面、ご返却先の住所、電話番号等)と共にご返送ください。この場合でもご返送前には、販売店宛にご一報ください。尚、ご返却時に発生する梱包費用や運送費などは御客様負担とさせていただきます。※ケーブルが切れた。ケーブルが最後まで収納されず少し伸びた状態で止まる。バッテリーが充電してもすぐに減る。などの場合も一度当社までお送り願います。

Q. 公式戦で使用することは可能ですか?

A.サッカーでは2018年8月に、FIFA(国際サッカー連盟)による世界で最初の国際試合基準(IMS) 認証を受けました。
FIFAの情報はこちら
その他競技は教会等連盟にご確認下さい。


Q. 豪雨の中でも使用できますか?

A. 雨や汗程度でしたら問題なくご使用いただけますが、FieldWizは完全防水ではございませんので、水たまりができるような場所にデバイスが浸かってしまいますと故障の原因になります。そのような環境でのご使用はお控えください。あらかじめご了承ください。

 

Q. FieldWizの着用はプレイの邪魔になりませんか?

A. FieldWizは、すでにスイスサッカーのトップリーグのプレイヤーによって試され済みで、国内のサッカーチームなどでも導入いただいており、プレイに影響があるという意見は頂いておりません。

 

Q. これまでの高額なGPS機器と何が違うのですか?

A.これまでのGPS機器はリアルタイムトラッキングや生データの解析など数々のすばらしい高度な機能を持っていますが複雑で専門のオペレータが必要になるものがほとんどです。また非常に高額で1チーム分を揃えるとなると安くても数百万円を下りません。そのため裕福なプロチームや企業からの潤沢な財政サポートのあるクラブを除いて導入することは極めて困難でした。FieldWizは、テクノロジーの面ではこれらの高額機器に引けを取らない精度を備えつつ、無料のウェブアプリケーションを用いて誰にでも本当に必要とする情報にすぐにアクセスできる使いやすさと、予算の限られたチームであっても導入可能な価格が特徴です。


Q. シューズにセンサーを埋め込んで測定するシステムと何が違うのですか?

A.基本的には用いているテクノロジーが違います。シューズに埋め込むシステムは加速度計によって移動距離、スピードそして加速度の情報を提供してくれます。しかしフィールド上のどの位置でそれが行われたのかという情報は提供できません。FieldWizは加速度計、ジャイロスコープ、地軸計に加えて、GPSテクノロジーを採用していますので加速度計だけで得られる情報よりも安定的でより正確なデータを取得できます。

 

Q.フィールドウィズの信頼性・妥当性は証明されていますか?

A.イギリスのブライトン大学の最新の研究により、既知の直線及び方向転換を伴う移動スピードとサッカーの試合形式のトレーニングにおける総走行距離において、FieldWizは広く普及している他社製GPSと比較して、有意な差がないこと、さらに、2日間を隔てた同一テストにおいても有意差がないことからその妥当性と信頼性が科学的に証明されました。

従来の高額なシステムと比較してもデータの正確性に遜色のないことがこの度新たに示されたことを受け止め、今後とも低価・高性能GPSシステムの提供とより柔軟で利便性の高いサービスを続けてまいります。


Q.Wifi環境がなくても使用できますか?

A.GPSデータを取得するだけでしたら問題なくご使用いただけますが、データをウェブアプリケーションにアップロードする際には必す通信環境が必要となります。

 

Q.加速度及び減速度と速度の違いは何ですか?

A.加速度は速度の変化率のことを意味します。例えば静止状態の0m/sの速度から1秒後に4m/sまで増加した場合の加速度は4m/s/sになります。減速ではその逆の考え方になります。

 

Q.速度ゾーンを変更することはできますか?

A.任意の速度ごとに変更することが可能です。マニュアルを参考にウェブアプリケーションのアカウント設定から変更してください。

 

Q.屋内で使用することはできますか?

A.屋内ではGPSが捕捉することができないため、ご使用いただくことができません。

 

Q.ヒートマップが表示されません。

A.データをアップロード後、地図上でグラウンドを囲う際に、別の場所を囲ってる場合、ヒートマップなどが表示されない可能性があります。
また、ヒートマップの表示はGameのみとなります。Practiceではヒートマップ表示はありません。

 
Q.データがCalculatingで分析に要する時間はどのくらいですか?

A.おおよそ1~5分ほどになります。計測したデータ容量や通信環境によりましては、遅れる場合がございます。

 
Q.続けて2試合分のデータを取得することは可能ですか?

A.FieldWizの連続使用時間は約10時間ですので測定することは可能でございます。しかし、FieldWizの仕様上の問題で、測定を完了し電源をOFFにしてから再度電源をONにしてしまうと測定データが上書きされてしまい、1試合目のデータがなくなってしまいます。試合間でデータを吸い上げる、もしくは2試合が終わるまで電源をOFFにしないようにするかどちらかを行ってください。
アップデート情報
・2018年12月20日 V2の販売を開始致しました。
ソフトウェアWEBアプリはこれまでと同様です。