ITEM目的別アイテムを探す

PUSH2.0 - プッシュ2.0

2020年7月
・PUSH1.0サポート完全終了のご案内
2020年7月8日のアプリVer7.1.0以降のアプリ更新におきまして、PUSH1.0がご使用頂けなくなります。引き続きPUSH1.0をご使用頂くためにはアプリ更新を行わないようご注意願います。一度更新されると復元できませんのでご注意ください。
※Appバージョン4.6.2まではPUSH1.0をご使用頂けます。

PUSHはトレーニング中のスピード計測機器として国内外問わず愛用されている、Velocity Baced Training 実践デバイスです。


バーベル・ダンベル・ケトルベル・自体重トレーニングなどの毎レップのスピード・パワーを計測でき、トレーニングの目的に合わせて正確な負荷設定をすることができます。

(※最大筋力、スピード、パワー、筋肥大、筋持久力等)

PUSHのこれらの機能によって、あなたのトレーニングはより詳細に分析でき、質を大きく高めることができます。

PUSHのノウハウや機能は、VBT(Velocity Based Training)の理論に基づいており、多くのトレーニングの研究や指導者の経験から培われたものです。そして現在ではNBAやNHL・MBL・NFL、国内でもプロ野球・Jリーグ・Vリーグ・ラグビートップリーグ・高校野球・高校サッカーなど多くのチームのトレーニングセッションで活用されています。
御見積り依頼はこちらから!

購入をご希望の方はこちら!





使い方
◆PUSH2.0 動画ガイド アプリVer7
PUSH2.0 アプリVer7.1.0 接続~トレーニング
PUSH2.0 アプリVer7.1.0 テスト概要
PUSH2.0 アプリVer7 アカウント登録
PUSH2.0 アプリVer7 接続・設定方法
PUSH2.0 アプリVer7 チーム・アスリートの追加
PUSH2.0 アプリVer7 種目選択
PUSH2.0 アプリVer7 VBTセッティング/測定・結果画面
PUSH2.0 アプリVer7 推定1RMテスト
PUSH2.0 アプリVer7 CMJ・SJ
PUSH2.0 アプリVer7 DROP JUMP・RSI STIFFNESS
PUSH2.0 PUSHの装着手順
PUSH2.0 トラブルシューティングその1
PUSH2.0 トラブルシューティングその2
PUSH2.0 トラブルシューティングその3
PUSH2.0 便利な機能



◆PUSH2.0 ユーザーマニュアル
PUSH2.0 ユーザーマニュアルVer7 ダウンロード (iOS版) 
PUSH2.0 ユーザーマニュアルVer4 ダウンロード (iOS版) 
PUSH2.0 ユーザーマニュアル ダウンロード (Android版) 


本体とiOSデバイスを同期させ、アスリート・種目・使用重量・目標値などを選択してトレーニングを行います。


●バーベルでの使用
BarModeに設定して、本体はバーベル装着用スリーブに入れて使用します。

●腕に装着した状態での使用
BodyModeに設定し、本体はアームバンドで前腕に装着して使用します。(腕立て伏せ・懸垂・ディップスなどの種目は上腕に装着します)

●腰に装着した状態での使用
本体をジャンプ計測用ウエストベルトに通し、腰の位置にLEDが上を向くように装着します。
ジャンプ系種目もしくはジャンプテストを選択し、実施します。

●フリームーブメントモード(アプリVer4まで)
5秒以内の単発筋力発揮を計測します。
機能ロック解除として初めての使用前に説明動画を見て4択クイズに数問正解するという手順を3パターン行うと使用できます。

メディシンボールスローや立ち幅跳び、ピッチングの腕のスイングスピード、サッカーのボールキックの足のスイングスピードなどが計測できます。

リアルタイムフィードバック種目

※2018/10/17現在

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
弊社では、ビデオ通話等での簡単な機器のデモンストレーションを承っております。
事前にご希望の日時を調整の上、30~60分程度で機器の概要をご説明させて頂きます。

※詳細な運用方法やトレーニングプログラムのコンサルティング等のご相談は含みませんのでご注意ください。
※一部機器は、デモ機保管施設の都合上、ご説明できない場合もございます。ご了承下さい。



下記予約フォームからご予約ください。

オンラインデモ・サポートを予約する

※機器の概要につきまして、弊社YouTubeチャンネルに映像資料があるものもございますのでご覧下さい。

Subscribe to my YouTube ch.



仕様
・サイズと重量:縦77.5mm、幅53.3mm、厚み15mm、重量32g

・センサー:加速度センサー、ジャイロスコープ

・バッテリー:充電式リチウムポリマーバッテリー

・1.5時間フル充電(30分で50%充電)

・30時間連続使用可能

・Bluetooth5.0

アプリは以下のリンクよりダウンロードできます。




Google Play で手に入れよう 

Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。

対応Android 端末(2020.10.07現在)

・Google Pixel 2, 2XL, 3, 3XL, 4

・Motorola G6

・OnePlus 5, 5T

・Samsung Galaxy Note 10, S10, S10+

・Samsung Galaxy Note 9, S9, S9+

・Samsung Galaxy Note 8, S8, S8+

 
価格
・PUSH2.0 標準セット
価格: ¥73,000- (税別)


標準セット内容:PUSH2.0デバイス、充電ケーブル、アームバンド(S or L)、バー装着用スリーブ、日本語ガイド
※アームバンドサイズをS(22-30㎝)、L(29-44㎝)から選択してください。


 



・ジャンプ計測用ウエストベルトType2
価格: ¥9,000- (税別)/本




・追加アームバンド S or L
価格: ¥3,000- (税別)/本
・ Small =腕周径 22-30cmに対応  
・ Large =腕周径 29-44cmに対応  

◆参考資料:VBTの理論と実践(書籍) ¥1,000- (税込) 

※送料が別途必要となります。

御見積り依頼はこちらから!



購入をご希望の方はこちら!

マニュアル
操作ガイドVert7.1.2 マニュアルをダウンロード(PDF) 操作ガイドVer4.08 マニュアルをダウンロード(PDF) Android版操作ガイドVer1.00 マニュアルをダウンロード(PDF)
トラブルシューティング
2020年7月
・PUSH1.0サポート完全終了のご案内
2020年7月8日リリースのアプリVer7.1.0以降のアプリ更新におきまして、PUSH1.0がご使用頂けなくなります。引き続きPUSH1.0をご使用頂くためにはアプリ更新を行わないようご注意願います。
※Appバージョン4.6.2まではPUSH1.0をご使用頂けます。

・保証に関して

保証期間は、お買い上げの日より1年間です。お客様の正常なご使用状態で万一故障した場合には、無料で修理対応をさせていただきます。ただし、一部の消耗部品の交換、ならびに落下、水没など、不適切なご使用による故障の場合は、保証期間内であっても有料となります。

・修理について
修理に関しましては、基本的にはセンドバック修理をお願いいたします。センドバック修理とは、ご購入いただいた製品に異常が発生した場合、製品を販売店もしくは、当社にお送りいただき、保守作業をおこなうサービスのことです。明らかに故障と判断できるものは、その旨を記載した資料(使用状態、故障の内容など記載された書面、ご返却先の住所、電話番号等)と共にご返送ください。この場合でもご返送前には、販売店宛にご一報ください。尚、ご返却時に発生する梱包費用や運送費などは御客様負担とさせていただきます。※ケーブルが切れた。ケーブルが最後まで収納されず少し伸びた状態で止まる。バッテリーが充電してもすぐに減る。などの場合も一度当社までお送り願います。

 

Q.トレーニング中、数値が表示されません。

A.リアルタイムフィードバック種目以外の種目では、セット終了後の数値表示となります。
また、リアルタイムフィードバック種目でもバーモードとボディモードの設定が正しくない場合は、計測できません。

 
Q. ジャンプ計測のCMJで表示されるジャンプ高㎝は平均値ですか?

A. 測定中に跳んだ中の最高値が結果として表示されます。何回目のジャンプで出た記録かは表示されません。

 

Q. RSI STIFNESS計測のRSIスコアは何を意味しますか?

A.連続ジャンプの接地時間をジャンプ高で割った値がRSIです。RSIは測定中の全ジャンプの後半5回分の平均値です。単位がVelocityと同じm/sで表示されますが、内容は異なります。
詳しくはRSI Revisited資料PDFをご覧ください。


 

Q. ボディモードで計測がうまくできません。

A. PUSH本体を装着する位置と向きをご確認下さい。腕立て伏せ(プッシュアップ)と懸垂(プルアップ)、ディップス、インバーテッドローなどは上腕で、その他は前腕です。LEDが肩側に来るように装着してください。LEDが指先を向く状態では正確に計測できませんのでご注意ください。

 

Q. 前機種PUSH1.0(電源ON時にLEDが赤の点滅)でBarModeは使用できますか?

A. PUSH1.0ではバーモードはご使用頂けません。バーベルでの計測はPUSH2.0のみとなります。PUSH1.0 はアプリVer7.1以降ではご使用頂けませんのでご注意ください。

 
Q. Bluetooth接続がスムーズにできません。
A. iOSデバイスで起動中の他のアプリや、接続している他の機器と干渉している可能性があります。PUSH2.0以外のBluetooth接続を解除して、バックグラウンドアプリを全て終了してから接続をお試し下さい。
また、設定アプリのアプリ一覧の「PUSH」でBluetoothの接続がOFFになっている場合がございます。ご確認の上、ONにしてからPUSHアプリを立ち上げて下さい。

Q.VBTの速度ゾーンは全ての種目に当てはまりますか?また、ピーク値と平均値のどちらを使用すればよいでしょうか?

A. 速度ゾーンの参考値は「スクワット・デッドリフト・ベンチプレス」において使用できます。ピーク値ではなく平均値を使用しますので、アプリ内の「ピーク値のリアルタイムフィードバック」をOFFにして下さい。
クリーンやスナッチなどのオリンピックリフティング・クイックリフト系種目、ジャンプ系種目をトレーニングで使用する際には「ピーク値」を使用します。参考数値はホームページのDannBakerVBTガイドを参照ください。

アップデート情報
バージョン7.1.0情報
・インターフェースが大幅に変更されました。
・プッシュアップやプルアップなど、リアルタイムフィードバック対応種目が増えました。
・フリームーブメント機能はご使用頂けません。(今後再度追加予定)
・PUSH1.0はご使用頂けません。

バージョン4.6.2情報
※エクササイズ動画が再生されないエラーが改善されました。

バージョン4.4.5情報

*クラッシュするバグを改善しました


バージョン4.4.4情報

*挙上中に大きな影響があるレップがある際のレップ検知精度の改善

*測定精度とジャンプカウント精度の向上

*すべてのジャンプにおいて接触時間、滞空時間、RSI、ピークフォースの計測精度が向上

バージョン4.4.3の新機能


*プルアップのレップカウントの精度が向上しました。
*レップ削除機能が向上しました。ベンチプレスやスクワットなどラックからバーベルを外した際にエラー値が初回に入ってしまった場合、セット終了後に自動でエラー値を削除してくれます。
*RSIテストの精度が向上しました。