SOLUTIONソリューション

HAWKIN Wireless Force Plate

・測定結果からトレーニング課題の設定がすぐに明確化
・どこへでも簡単持ち運び
・数値計算なしに知りたい指標をダイレクトに表示
・必要な指標をチームのためにカスタマイズ可能
・計測後直ちにレポート出力

HAWKINフォースプレート計測なら、例えば…

■ 滞空時間ではなく、力積(Ft)の直接計測から求めた離地時の初速度により、跳躍高を正確に表示。

■ 関節角度を指定したミッドサイプルのRFDから、1RMではわからない専門的筋力特性が明確化。

■ エクセントリックとコンセントリックに分けて分析。

■ デュアルプレートにより左右差が一目瞭然。

■ チーム内・個人内の変化をZ-スコアでモニタリング。

使い方
WIFIダイレクトを使用し、Androidデバイスと接続します。
ぐらつかない水平な場所で何も乗っていない状態でゼロ設定を行います。

測定種目を選び、測定を開始します。
測定種目一覧
・CMJ(反動有の垂直跳び)
・SQJ(反動無の垂直跳び)
・CMJ Repeated (連続垂直跳び)
・Repeat Jump (リバウンドジャンプ)
・Drop Jump
・Isometric Test(Mid tihgt pusll) 

測定開始し、動作完了後、すぐに測定結果がAndoroid端末に表示されます。



難しい計算は必要なく、力の変化のグラフや力積から計算された跳躍高、コンセントリック局面の時間、エキセントリック局面の筋力などが計算され表示されます。
デュアルフォースプレートのため、力の変化のグラフは、左右色分けされ、左右差を視覚的にみることができます。
また、種目によっては、自動で抜重区間(重力に逆らわず下降している局面)、ブレーキング局面(切り返しに向けて下向きに力を加えている局面)、コンセントリック局面、跳躍区間に区切られ表示されます。
切り返しの直前に大きな力をだせているのか、離地のぎりぎりまで力を伝えられているのか、選手の特徴を瞬時に判断できます。

測定したデータはクラウドソフトウェアで詳細な解析が可能です。

もちろん、エクスポートも可能です。

仕様
価格


・Wireless Force Plate
本体価格:COMING SOON

内容物一覧
・Wireless Force Plate (左右1枚ずつ)
・本体接続用ケーブル×1
・充電用USBケーブル×1

マニュアル
HAWKIN Dynamics Wireless Force Plate 広告 マニュアルをダウンロード(PDF)