FAQよくあるご質問

  • TOP
  • よくあるご質問

よく頂くご質問

機器を購入したいのですが、見積の発行はできますか?
ご希望の内容をお問い合わせフォームから、もしくは担当者へメールにてお送り願います。御見積書を作成し、メールにてお送り致します。(原本が必要な場合はお申し付け下さい。)
カードや分割での支払いはできますか?
お支払いは現金一括のみとなります。
機器のレンタルはありますか?
レンタルは行っておりません。デモをご希望の場合日程を調整致しますのでお問い合わせ下さい。
リースはありますか?
弊社から指定のリース会社をご紹介致します。
機器の保証はありますか?
機器の種類によって異なります。商品ページよりご確認願います。
支払いの条件を教えて下さい。
初めてのお取引の場合、前金での銀行振り込みをお願いしております。2度目以降は、納品翌月締め-翌月末までの銀行振り込みとなります。
購入前に機器を実際に見ることはできますか?
日程を調整の上デモを行わせて頂きます。その他、学会やイベントでの企業ブース展示を行っております。予定は事前に「新着情報」にてお知らせ致します。
発注から納品までの期間を教えてください。
弊社取り扱い機器は全て海外からの輸入品となります。在庫状況によりますが、約ひと月お時間を頂く場合がございます。また、製造元の休暇の関係でさらにお時間を頂く場合がございます。(事前にお知らせ致します)
送料に関して教えて下さい。
ご購入される内容により変わります。事前に御見積書にてお知らせ致します。

【WITTY・WITTY-SEM・WITTY-TAB】トラブルシューティング

WITTYタイマー(操作部)がフリーズしてしまい、ボタンを押しても反応しません。
強制終了を行い、再起動します。電源ON/OFFで使用するマイクロゲートボタン(右手側の黄色いボタン)を15秒ほど長押しして、離すと強制的にOFFになります。再度電源をONにして使用してください。
ゲート(光電管とリフレクター)を通過しているのにタイマーが計測を開始しません。
下記が考えられます。
・光電管とタイマーのチャンネルが異なっている。⇒チャンネルを合わせます。
・タイマー左上のLCKボタンでロックが掛かっている。⇒LCKボタンを押してロックを解除します。(画面に鍵マークがついているロック状態では、光電管の信号をタイマーが受信しません。)
雨の中での使用は可能ですか?
USBポートやジャックに水滴が入らないようにすれば、小雨程度の使用は可能ですが推奨は致しません。水滴による故障は保証の対象外となりますのでお気を付けください。

【OptoGait・OptoJumpNext】Q&A トラブルシューティング

トレッドミルテストで正常に測定ができません。
以下の手順をおためしください。
・トレッドミルテストに関しましてはデバイスに対しての走行方向を設定します。
走行方向をインターフェース側に設定する場合は走行方向にトレッドミルの電源部分がある状態でテストを行ってください。逆方向にデバイスを設置していると測定が正常に行えません。
・足がすり足になっている走り方をしている場合、滞空時間を検出できず、測定できない歩数が出てきます。その場合、テストの詳細設定でGフィルターを0から1~3程に変更していただき、測定を行ってみて下さい。
ビデオカメラをつないでいるのにテストを開始しようとしても反応しません。
基本設定でカメラの登録を行う必要がございます。ソフトウェア右上のオプションから基本設定を開いて頂き、マニュアルのP.81(OptoGaitはP. 92)を参照し、設定して下さい。
10mのランニング測定を行おうとしましたが、テストを正常に行うことができません。
複数mのデバイスを連結して測定する場合、テストで本数を指定しなければなりません。デフォルトでは1mで設定されていますので、それ以上に連結する際には、マニュアルのP.54を参照し、設定してください。
バーを向い合わせているのにも関わらず、LEDが赤から緑に変わりません。
以下の手順をお試しください。
・TXバー、RXバーともに電源はONになっているか確認し、両方が電源につながっていることを確認してください。正常に電源が通っていると充電口右下のLEDランプが点滅します。
・TXバー、RXバーのセンサー部分が内側を向いているか確認してください。
・TXバー、RXバーの間にごみや、床の凹凸などでセンサーが遮られていないか確認してください。地上3㎜のところにセンサーが通っていますので、少しの障害物でもセンサーが反応してしまいます。
芝のグラウンドで使用としましたが、設置している状態で反応してしまいます。
地上3mmで赤外線センサーが通っていますので、そのままおいてしまうと測定ができません。スポンジや薄い板をデバイスの下に敷いて頂き、芝とセンサーが触れない高さに底上げして測定してください。

雨天での使用は可能ですか?
OptoGaitには防水機能がついておりません。雨天時の使用はお控えください。

【Vert Coach】Q&A トラブルシューティング

センサーとipadが接続できません。
本体の電源が入っていることとipadのBluetoothがONになっているか確認の上、マニュアルに従って接続を行ってください。

Vertはどこにつけるのが望ましいですか?
腹部の中央から少しずらした付近に装着してください。腰部背中側に装着すると、ローリングや転倒した際に脊柱を損傷する可能性があります。腰部に装着する際はできる限り、腹部側に装着してください。
遠くにいる選手との距離が離れ、Bluetooth接続範囲から外れてしまい、アプリ上でデータが反映されなくなりました。
Bluetooth範囲外でもデバイスにデータが残り、再び範囲内に入った時点でデバイスに残っているデータがアプリに反映されます。

【Fieldwiz】 Q&A・トラブルシューティング

これまでの高額なGPS機器と何が違うのですか?
これまでのGPS機器はリアルタイムトラッキングや生データの解析など数々のすばらしい高度な機能を持っていますが複雑で専門のオペレータが必要になるものがほとんどです。また非常に高額で1チーム分を揃えるとなると安くても数百万円を下りません。そのため裕福なプロチームや企業からの潤沢な財政サポートのあるクラブを除いて導入することは極めて困難でした。FieldWizは、テクノロジーの面ではこれらの高額機器に引けを取らない精度を備えつつ、単体でも無料のウェブアプリケーションを用いて誰にでも本当に必要とする情報にすぐにアクセスできる使いやすさと、プレイヤー個人や予算の限られたチームであっても導入可能な価格が特徴です。
フィールドウィズの信頼性・妥当性は証明されていますか?
イギリスのブライトン大学の最新の研究により、既知の直線及び方向転換を伴う移動スピードとサッカーの試合形式のトレーニングにおける総走行距離において、FieldWizは広く普及している他社製GPSと比較して、有意な差がないこと、さらに、2日間を隔てた同一テストにおいても有意差がないことからその妥当性と信頼性が科学的に証明されました。
従来の高額なシステムと比較してもデータの正確性に遜色のないことがこの度新たに示されたことを受け止め、今後とも低価・高性能GPSシステムの提供とより柔軟で利便性の高いサービスを続けてまいります。
他のGPS機器とどのようなテクノロジーで同レベル以上だと言えるのですか?
FieldWizは、地球上の位置を人工衛星で測位するための現存するシステムのほぼすべてに相当する56基(アメリカとロシア)の衛星を用いていますので少数の衛星しか用いない他のシステムに比べて高い安定性と信頼性を示しています。ピッチ上でのわずか50㎝の位置変化を1秒間に10回の頻度(10Hz)で取得しますので他の5Hzのシステムに比べてスプリント回数や加速度や移動距離の妥当性がより高く、10Hzシステムは、現在最も正確な情報が取得できるということが研究によっても確かめられています。また、15Hzを用いているシステムも現存しますが、15Hzが10Hzに対して優位性がないことも最新の研究で認められています。
下記参考文献
・Vincent et al., The validity and reliability of global positioning system in team sport: Brief review, J. Aust. Strength Cond. 22(5) 186-190, 2014.
・Johnstone et al., Validity and Interunit reliability of 10Hz and 15Hz GPS unit for assessing athlete movement demands, JSCR, 28(6), 1649-1655, 2014.
Q.シューズにセンサーを埋め込んで測定するシステムと何が違うのですか?
基本的には用いているテクノロジーが違います。シューズに埋め込むシステムは加速度計によって移動距離、スピードそして加速度の情報を提供してくれます。しかしフィールド上のどの位置でそれが行われたのかという情報は提供できません。FieldWizは加速度計、ジャイロスコープ、地軸計に加えて、GPSテクノロジーを採用していますので加速度計だけで得られる情報よりも安定的でより正確なデータを取得できるだけでなく、ヒートマップや新バージョンで近日中にリリースされる2Dリプレイアニメーション機能に対応できます。
公式戦で使用することは可能ですか?
ラグビーではすでに公式戦での使用が認められ、日本を含め、世界各国のほぼすべてのトップリーグのチームが使用しています。サッカーでは2015年5月に、世界中の国で適用されるルールを決定する国際サッカー評議会(FIAB)において、GPSを用いた試合中のパフォーマンスデータ取得が正式に認められたのを受けて、同年7月FIFAはこうした装置の導入を各大会の主催者に委ねることを決定しています。すでに2015年U-20 世界選手権や女子ワールドカップでの使用実績があります。日本国内の公式戦での使用は今後の日本サッカー協会の決定に委ねられますが、練習試合での使用は自由です。既にヨーロッパでは100チーム以上のトップクラブがスタジアムでのゲームで積極的に活用しています。
Q.FieldWizの着用はプレイの邪魔になりませんか?
FieldWizは、すでにスイスサッカーのトップリーグのプレイヤーによって試され済みで、国内のサッカーチームなどでも導入いただいており、プレイに影響があるという意見は頂いておりません。心拍センサーも上背部に装着するためサッカーでの胸によるボールコントロールにも全く影響しません。
豪雨の中でも使用できますか?
雨や汗程度でしたら問題なくご使用いただけますが、Fieldwizは完全防水ではございませんので、水たまりができるような場所にデバイスが浸かってしまいますと故障の原因になります。そのような環境でのご使用はお控えください。あらかじめご了承ください。
データがメールで送られてくる時間はどのくらいですか?
おおよそ5~10分ほどになります。送るデータ容量や通信環境によりましては、遅れる場合がございます。
続けて2試合分のデータを取得することは可能ですか?
Fieldwizの連続使用時間は約10時間ですので測定することは可能でございます。しかし、Fieldwizの仕様上の問題で、測定を完了し電源をOFFにしてから再度電源をONにしてしまうと測定データが上書きされてしまい、1試合目のデータがなくなってしまいます。試合間でデータを吸い上げる、もしくは2試合が終わるまで電源をOFFにしないようにするかどちらかを行ってください。
屋内で使用することはできますか?
屋内ではGPSが捕捉することができないため、ご使用いただくことができません。
ヒートマップが表示されません。
データをアップロード後、地図上でグラウンドを囲う際に、別の場所を囲ってる場合、ヒートマップなどが表示されない可能性があります。
速度ゾーンを変更することはできますか?
任意の速度ごとに変更することが可能です。マニュアルを参考にウェブアプリケーションのアカウント設定から変更してください。

Wifi環境がなくても使用できますか?
GPSデータを取得するだけでしたら問題なくご使用いただけますが、データをウェブアプリケーションにアップロードする際には必す通信環境が必要となります。
加速度及び減速度と速度の違いは何ですか
加速度は速度の変化率のことを意味します。例えば静止状態の0m/sの速度から1秒後に4m/sまで増加した場合の加速度は4m/s/sになります。減速ではその逆の考え方になります。