(3) パワーと速度の関係 | S&Cスポーツ科学計測テクノロジー スポーツパフォーマンス分析

NEWS新着情報

2018.05.30コラム
(3) パワーと速度の関係

VBT実践シリーズ第三段!!

動画はこちらからご覧下さい

【パワーと速度の関係】
スポーツパフォーマンスの向上にパワーが大きく関係していることは広く知られています。パワー=筋力×速度ですが、同じパワーでも筋力を重視するのか、それとも速度を重視するのかでそのパフォーマンスにおける意味は違ってきます。今回はこのことを確かめていきたいと思います。
 
筋力と速度は相反する関係にあることはよくご存知のことでしょう。大きな筋力を発揮する時には速度は小さくなり、高速では高い筋力を発揮できません。この筋力と速度の掛け算でパワーが決まりますが、例えば、ベンチプレスなどで挙上重量を漸増させていき、パワーを計測して横軸を挙上重量、縦軸をパワーとしたグラフにするとパワー曲線は山なりのカーブを描きます。そして山なりの頂点を境にグラフの左右でパワーが同じになる点が出てきます。つまり、発揮しているパワーが同じでも、グラフの左側に位置する「速度に重点を置いたパワー」なのか、それとも右側に位置する「高負荷に対して大きな筋力発揮によって発揮されたパワー」なのか、意味が全く変わってきます。
 
今回の動画では同じパワーの値になるように重量を設定しています。アスリートであれば競技によって、速度を重視したパワーが必要なのか筋力を重視したパワーが必要なのか、あるいはとにかく高いパワーが必要なのかが変わってきます。競技特性をよく理解し、適した目標設定を行いましょう。