GymAware:ジャンプテストパート1 | S&Cスポーツ科学計測テクノロジー スポーツパフォーマンス分析

NEWS新着情報

2018.05.30コラム
GymAware:ジャンプテストパート1

GymAware:ジャンプテスト:パート1

【GymAware:ジャンプテスト パート1】



◆GymAwareを用いたジャンプテスト

下肢のパワーはジャンプテストで評価することができます。GymAwareのエクササイズ選択から、"Squat Jump (counter movement)”を選択し、選手に対して、膝と股関節を曲げて少し沈みこんで反動をつけてから高く跳ぶように指示します。この動作は、「ストレッチショートニングサイクル」であり、関節に蓄積した弾性エネルギーを利用することによってパフォーマンスを最大限に高めることができます(図a)。

もうひとつのタイプのジャンプは、“Squat Jump (concentric)"で、静止したハーフスクワット姿勢からジャンプします(図b)。このジャンプでは選手が予め沈み込む動作(つまりcounter movement)を行いません。したがって筋肉の予備伸長は生じません。ほとんどの選手は、counter movementジャンプでconcentricジャンプよりも3-6cm高く跳ぶことができます。



◆セットアップ

GymAware本体(PowerTool)を 選手の足の真横で、ケーブルができるだけ垂直に引き出される位置に置きます。 

腕振りの影響を防ぐため、ほうきの柄のような軽い木製もしくはアルミ製のバーを肩に担ぎ、ケーブルを装着します。正確なデータを得るためには、ジャンプ動作に慣れるための練習を数回行ってから本番の測定を実施するようにして下さい。

◆手掛かりとなるパフォーマンス変数

多くの指導者は、GymAwareで、垂直跳びのパワーと高さを測定しています。

選手のパフォーマンスをモニタリングするための簡単で非侵襲的な優れた方法としてジャンプは広く用いられています。

 

◆コーチにとっての利点

ジャンプテストによって、下肢のパフォーマンス評価のための客観的なデータを得ることができます。下肢の爆発的パワーは、選手の全体的な競技能力の重要な構成要素であり、定期的に(毎週)測定することで疲労状態を知るための優れた指標となることが確かめられています。




コンセントリックオンリーのジャンプを測定するためには、ジャンプの前にエクセントリック動作が生じないように、厳しくコントロールする必要があります。

 

◆文献

Sheppard JM, Doyle TL (2008) Increasing compliance to instructions in the squat jump.

Riggs M, Sheppard JM (2009) The relative importance of strength and power qualities.

Taylor, K; Cronin, J (2011) Sources of variability in iso-inertial jump assessments.

Taylor, K; Hopkins, W (In review) Error of measurement in jump performance is influenced by training phase.