GymAware:オリンピックリフト | S&Cスポーツ科学計測テクノロジー スポーツパフォーマンス分析

NEWS新着情報

2018.05.30コラム
GymAware:オリンピックリフト

GymAware:オリンピックリフト

【GymAware:オリンピックリフト】 



◆原理

 オリンピックリフト(OL)は、例えば垂直跳のような爆発的な競技動作に応用できるように、筋力、パワーそして神経筋コーディネーションを一体的に結合させます。このエクササイズでは大きな筋力とその筋力を素早く立ち上げることが要求されることから、これまでも競技選手のトレーニングにおいて、OLの様々なバリエーションが日常的なエクササイズとして採用されてきました。OLの動作特性により、バーベルの動きを減速させず一気に加速させるという動作に必要な神経筋システムを鍛えることが可能となります。このことは、例えばラグビー、ボブスレー、そして短距離自転車等々といった最大の筋出力が要求される様々なスポーツのトレーニング効果を高めます。

 GymAwareは、OLの実施中に発揮されるパワーと速度を測るための完璧なツールであると言えます。スクワットジャンプ(countermovement)以外では、OLとそのバリエーションがGymAwareによって最も頻繁に評価されるエクササイズとなります(身体の神経筋システムのほぼすべてが動員される結果、これらのエクササイズ動作で発揮されるパワーが最大となるためです)。



◆セッティング OLにおいて正確なデータ収集を保証するためには、GymAware本体をどのように設置するかが重要ですパワークリーンとスナッチのいずれにおいても、バーの軌跡が1stプルと2ndプルでわずかに選手から離れることを考慮するべきです。

 GymAware本体をできるだけ選手の近くに置き、ケーブルはスリーブの内側に取り付けます。

 データ収集は、通常3-6レップの最大速度でのリフティング動作で行います。パワーを向上させるためのトレーニングでは、バーのスピードが0.8m/s以下にならないように、なおかつ1.2m/s以上にはならないようにするべきです。負荷の大きさはこの値を基準にして調整します。



◆コーチと選手にとっての利益 OLを中心として組み立てられた筋力トレーニングとコンディショニングにより、筋力、パワー、ジャンプとスプリントのパフォーマンス、そして方向転換の能力が向上します(Hoffman et al, 2004; Haff & Potteiger, 2001; Hori et al, 2008)。

  OLは爆発的エクササイズに分類されます。ですから、ハイパワー出力を発揮するための能力を向上させます。

  これまでの研究は、大きな筋力発揮と高速動作を特徴とする爆発的エクササイズは、筋力とパワーを必要とするスポーツにとって有益であることを支持しています。

 

◆文献 

・Haff, G.G. & Potteiger, J.A. (2001) ‘A brief review: Explosive exercise and sports performance’ National Strength And Conditioning Association 23(3):13-20

・Hoffman, J.R., Cooper, J., Wendell, M. & Kang, J. (2004) ‘Comparison on Olympic vs. traditional Power Lifting training programs in football players’ Journal of Strength & Conditioning Research 18(1):129-135

・Hori, H., Newton, R.U., Andrews, W.A., Kawamori, N., McGuigan, M.R. & Nosaka, K. (2008) ‘Does performance of hang power clean differentiate performance of jumping, sprinting and change of direction?’ Journal of Strength & Conditioning Research 22(2):412-418